ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

テレワーク・デイズ2019参加登録の受付開始

2019年4月19日

本年1月31日にテレワーク・デイズ2019の実施方針を発表しましたが、本日からその参加登録を開始しますのでお知らせします。

参加団体の分類

実施団体

参加人数等を問わずテレワークを実施またはトライアルを行う団体。

特別協力団体

①5日間以上実施、②7月24日(火)に100名以上実施 ③効果測定アンケート(実施人数、コスト削減の効果等)に協力可能な団体。

※東京都内等の企業については、上記に加え、下記のいずれかの実施を推奨(都内事業所への通勤社員が対象)
①2週間以上の実施(7月22日(月)~8月2日(金)の平日10日間での集中実施を推奨)
②企業の都内社員数の1割実施(7月22日(月)~8月2日(金)の平日10日間において、1日1割程度の実施を推奨)
③2020アクションプラン作成(2020TDM推進プロジェクトとの連携)
https://2020tdm.tokyo/action

応援団体

テレワークに係る実施ノウハウ、ワークスペース、ソフトウェア等を提供する団体、およびワーケーションを支援する団体。

【テレワーク・デイズ2019の主なポイント】

  • 2020年東京大会前の本番テストとして、2019年7月22日(月)~9月6日(金)の約1ヶ月間をテレワーク・デイズ2019実施期間と設定し、5日間以上の実施を呼びかける。
  • 都内企業は、大会開催日程を想定し7月22日(月)~8月2日(金)、8月19日(月)~8月30日(金)に集中実施を推奨する。
  • 全国で3,000団体、延べ60万人以上の参加を目標とする。
  • 東京都心の大企業、競技会場周辺の企業含め、大規模実施(前半平日10日間の集中実施、社員の1割程度/日)を呼びかけるとともに、首都圏以外・中小規模の団体、官公庁などを含め、様々な業種、規模、地域の団体の参加を促す。
  • 様々なテレワーク(在宅、モバイル、サテライトオフィス)の実施、時差出勤、フレックスタイム、ワーケーション等を組み合わせた実施など、多様な働き方を奨励する。
  • 効果測定を行うため、7月24日(水)を「コア日」として設定。
  • 初参加の企業・団体は、7月24日(水)の1日でも参加可能。

≪参考≫「テレワーク・デイズ2019」の実施方針(平成31年1月31日報道発表)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000230.html

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

ページの先頭に戻る

サイトのご利用案内ここまでです。